Blog and Column

スタッフブログと暮らしのコラム

2020.03.31

お掃除は簡単、種類が豊富な壁材、化粧合板

化粧合板は、普通合板の表面に加工を施し化粧をしたものです。シールやテープを貼ると、はがす際に表面の印刷シートも一緒にはがれたり、跡が残ったりするものがありますので、注意が必要です。

ふだんのお手入れ

■柔らかい布でから拭きするか、化学雑巾で汚れを落とします。
■汚れが目立つときは、拭き掃除用洗剤薄め、かたく絞った雑巾で拭き取り、最後にから拭きします。あまり強くこすると表面を傷めますので注意しましょう。

困った!こんなときには

キズがついた
ウッドパテでキズを埋めます。小さなキズの補修にはスティックタイプが便利です。乾燥してから、同色の塗料を塗っておくと目立ちません。

クレヨン・マジックの落書きを落とすには
【1】 シンナー又はシミ抜き用ベンジンを布に含ませ、手早く拭き取ってください。
【2】 拭き取り後、すぐに乾いた布で拭き取り、風を通し、乾燥させてください。

ちょっとひと工夫

いまどきの掃除道具
最近は新しい掃除道具がいろいろと登場しています。柄の先にヘッドが付いていて、そこにゴミを吸着するシートや雑巾をはさんで使うタイプのモップ。
水を使う必要がなく家具などの掃除に便利な化学雑巾。
これらは着塵剤を含ませたり、工夫のある不織布だったりするので、汚れたら取り替えます。

使い捨てのタイプではお掃除シート、粘着テープのついたローラーなどがあります。いずれも大変便利ですが、毎日のお掃除に使い捨てタイプは不経済ですし、モップや化学雑巾の性能には違いがあります。
値段、使いやすさなど、それぞれの特徴をしっかりつかむことがポイント。
上手に使えばお掃除の効率もあがります。


Copyright©2021 Sumisuke All Right Reserved.