Blog and Column

スタッフブログと暮らしのコラム

2020.03.19

障子の破れは簡単に補修できます

和室にはふすまや障子、引戸、洋室にはドア、クローゼットの折戸など日本の家屋の室内建具にはいくつかの種類があります。それぞれにあったお手入れの方法とちょっとした修理を知っておくことが、上手に我が家と付き合うコツと言えるでしょう。

ふだんのお手入れ

障子の桟(サン)にホコリが溜らないように、羽根ぼうきなどではたいてください

汚れがひどい時には

障子は破れやすく、日焼けによる変色も気になります。年に1度は貼り替えるようにしましょう。障子紙は半紙判や美濃判が長く主流でしたが、今では継ぎ目がなく仕上がりが美しい1枚貼りやアイロン障子紙が便利です。障子を貼るときは湿気の多い日が適しています。紙が湿気で多少伸びているので乾くとピンと張って美しく仕上がるからです。

【障子紙のはがし方】

=道具と材料=
障子はがし剤(または水)、ハケ(またはスポンジ)、雑巾

障子はがし剤、もしくは水をたっぷりと含ませたハケやスポンジで、ノリのついている桟の部分をなぞります。5分ほど置いてから紙をはがし、かたく絞った雑巾で桟をきれいに拭き取ります。

一枚貼り障子紙を貼る方法

=道具と材料=
障子紙、障子用ノリ、ハケ、セロハンテープ、カッターナイフ、霧吹き

1.障子紙の一方をセロハンテープで止め、紙と桟が正確に平行になるように調整します。位置を決めたらガイド(障子紙のロールを平行に転がすことができるように障子の端にそって転がるもの)の付いているものは障子の端にそろえておきます。

2.障子紙をいったん巻き戻します。桟に障子用ノリをたっぷりつけていきます。ハケで塗るときはたたくようにして、チューブの場合はそのまま塗ります。

3.塗り残しがないか確認したら、静かにロールを桟の上に転がして貼っていきます平行がズレないように慎重に。

4.周囲の余分な部分を切り落とします。カッターは寝かせて切るようにします。

5.セロハンテープをはがし、障子紙全体に霧吹きで軽く水を拭き付けておきます。

アイロン障子紙を貼る方法

1. 障子紙を広げ、位置を合わせます。アイロンの先端部だけを利用して四隅を仮り止めします。

2. 桟、框(かまち)にアイロンをあてていきます。桟、框以外のところはアイロンをあてないように注意してください。

3. 後は一枚ばり障子紙と同じく、端を落として仕上げます。(上記の“一枚貼り障子紙を貼る方法”参照)

こんな時は

■障子が破れた
大きめの穴なら穴のあいた1マス分を切り貼りします。小さな穴なら補修用シールで模様に切ったり、彩りをそえたりしてワンポイントにするとよいでしょう。

■障子の桟が折れた
それほどひどく折れていなければ木工用ボンドを塗って、固まるまでセロハンテープで固定しておきます。完全に折れてしまった場合は、折れた部分を糸のこぎりなどで斜めに切って、同じ寸法の細材を取り付けます。木工用ボンドを塗って、固まるまでテープで押えます。

暮らし上手さんの豆知識

~ふすま・障子の正しい立て方~】

ふすまや障子には左右の正しい立て方、表裏の見分け方があることをご存知でしょうか。2枚ものなら向かって左側を奥に、4枚ものなら左右の両端を奥にして立てます。ふすまの表は模様のきれいな方、障子は桟のある方が表です。それぞれ、表が室内に向くようにするのが正しい立て方です。


Copyright©2021 Sumisuke All Right Reserved.