Blog and Column

スタッフブログと暮らしのコラム

2007.03.19

心をなごませてくれる庭と暮らしになくてはならないガレージ

住まいと良い関係を保つ工夫を

心をなごませてくれる庭と暮らしになくてはならないガレージ。どちらも住まいと快適な関係を保ちたいものです。ガレージには建物の中に取り込んだビルトインタイプ、地下部を掘り込んだ掘り込みタイプなどがあります。

ふだんのお手入れ

水抜口がゴミなどで詰まっていたら、かき出してください。

点検

木は大きくなるにつれ、根も広げていきます。根が基礎を損傷したり、支持地盤を害していないか、また、枝が雨樋などを傷めていないか点検してください。建物の外周部に花壇などの盛り土をすると、床下に雨水が浸入する原因となります。調べてみましょう。

メンテナンス

敷地内に水が溜り、いつまでも乾かないときは、排水設備が破損していたり、うまく機能していないことが考えられます。専門の業者に点検を依頼してくさい。

ガレージ

ふだんのお手入れ

ゴミやホコリを溜めないように、こまめに掃除をしてください。シャッターの蛇腹部分のホコリは、手ぼうきなどで掃くようにして落とします。

点検

壁や天井、床に亀裂が入っていないか見てください。床については、水が溜まったりしていないか、ジメジメしていないかを調べます。

メンテナンス

・内部の亀裂は小さなものなら、コンクリート用充填材を埋め込みます。大きなものは、専門業者に依頼します。

・シャッターや扉が汚れてきたり、さびが出てきたら塗り替えましょう。シャッターの場合は、収納部を先に塗り替えます。スプレー式塗料を使うと簡単にできます。手の届かない高所は危険を伴いますので、専門業者に依頼してください。


Copyright©2021 Sumisuke All Right Reserved.