Blog and Column

スタッフブログと暮らしのコラム

2007.03.16

繊維壁・砂壁は軽くはたきがけ

汚れが目立たない、伝統的な壁素材

繊維やパルプを使って綿のような柔らかい感触を出した繊維壁、色砂を糊で練ったものを表面仕上に使用した砂壁、どちらも和室の伝統的な室内塗装に用いられる素材です。ひび割れ、汚れなどが目立たないのが特長ですが、表面がはがれやすいという欠点があります。

ふだんのお手入れ

軽くはたきがけ。あまり強くするとはがれますから、注意しましょう。市販の砂壁スプレーや木工用ボンドを5倍に薄めたものを吹き付けておくと、はがれを押さえることができます。

長く美しく保つために

掃除のときに掃除機が砂壁にあたったりすると、その部分がはがれてしまいます。傷みが早くなりますし、第一、見苦しいもの。毎日使用する茶の間などには腰壁(みなと紙)を 240 mmほどの高さに張るとよいでしょう。

困った!こんなときには

壁と柱の間に隙間ができた

次の手順で隙間に壁補修材を埋めます

1.隙間意外の部分をマスキングテープでおおいます。
2.目地ゴテなどを利用して、壁補修材を埋めていきます。
3.表面に凹凸ができたら、乾燥後にサンドペーパーで平らにします。
4.壁材の色が異なる場合はポスターカラーなどで着色します。


Copyright©2021 Sumisuke All Right Reserved.